特集:MRの仕事を知る

MRとは

MRとは何ですか?

MRとは医薬情報担当者(Medical Representatives:メディカル・レプレゼンタティブ)のことをいいます。
MRの役割は、医薬品の「情報の提供」と「情報の収集」とされます。MRは医療機関を訪問し、医薬品を処方する医師や医療従事者に医薬品の特徴、有効性、安全性などについて説明します。また、情報収集においては、医療機関を訪問し、医師などから医薬品の治療例、有効性、副作用などについて更なるデータを蓄積するための情報収集を行います。このようにMRとは、ただ医薬品を売るためだけの営業ではなく、医薬品を適正に使用してもらい、さらに情報をフィードバックしてもらうための医療機関と製薬企業の橋渡し的な存在といえます。

MRの必要性

現代の医学は高度化、専門化し、薬価基準に収載されている医薬品だけでも16,000余品目にのぼります。

医師や医療従事者といえども、すべての分野の医薬品に精通しているわけではありません。そこで、MRは常に最新の医薬品情報や、医師や医療従事者が求めるさまざまなニーズに対して、情報を提供する重要な役割を担っています。

MRとして活動していく中で資格は必要ですか?

MRに関する資格として「MR認定資格」があります。これはMRの質を一定に保つことを目的に設立された「医薬情報担当者教育センター」が、1997年よりMR認定試験を実施するようになり、これに合格した方に付与される資格です。現在ほぼ全ての製薬企業がMRに資格取得を義務付けており、コントラクトMRにとってもMR認定は必須な資格となっています。受験資格は、医薬情報担当者教育センターが定めた基準以上の研修(300時間)を受けた方であれば誰でも受験することができます。研修は各製薬企業が行う場合と、外部に委託して行う場合があります。試験は毎年12月に行われ、合格するとMR認定証が交付されます。MR認定資格の有効期限は5年間で、交付より5年経ったら更新しなければなりません。更新は基本的に手続きのみで試験はありませんが、所定の継続研修を受講している事が定められています。

どのような方がMRには求められますか?

MRには自身で目標を設定し、計画を立て、実行する力が求められます。医薬品業界は日進月歩で進歩しています。医師や医療従事者に信頼されるMRになるために常に最新の知識を習得していかなければなりません。そのためにも常に目標を高く掲げ努力し続ける力が必要です。また、日々のスケジュール管理は、基本的に、MR個人に任されます。自分自身をコントロールする自己管理能力も必要です。さらには、コミュニケーション能力です。相手の立場に立ち、相手が求めているニーズを正確に理解し、必要情報を迅速に提供することが必要です。

コントラクトMRが新たに注目されているようですが、MRとの違いはどの辺にありますか?

コントラクトMRは、CSO(Contract Sales Organization)事業会社に所属し、そこから受託契約先である製薬企業へ派遣され、契約先企業のMRとして働くスタイルです。(CSOについては、次項を参考にしてください。)実際のMR活動においては違いはありませんが、コントラクトMRは1つのプロジェクトが一般的には2〜3年であるため、派遣先が2〜3年で変わる可能性があり、その場合はプロジェクトごとに扱う製品も担当施設も変わることになります。この点が、自社製品のみを扱う製薬会社のMRとの違いです。また、コントラクトMRの場合、派遣先の製薬会社と医療機関の2つがクライアントとなりますので、どちらともコミュニケーションを図り業務を円滑に進めていかなければなりません。

製薬企業のアウトソーシングも営業部門まで広がっており、コントラクトMRに対する期待や注目度は、今後ますます高まっています。

CSOとは

CSO(Contract Sales Organization)とは、医薬品営業受託事業会社のことを指します。従来は製薬会社が創薬から販売までを行うことが一般的でしたが、新薬開発競争の激化により分業・協業が急速に進展しています。その中でCSOは医薬品業界における、営業、マーケティング業務(MR業務)を受託しサービスの提供を行う企業です。欧米では既にCSOはメジャーな業界であり、日本においても今後、CSOのマーケットの拡大、コントラクトMRのシェアは伸びると見込まれております。国内CSO業界も活発になり、2011年には業界団体が作られるまでの規模の業界に成長されるとの期待があります。

コントラクトMRとして働く魅力

魅力として挙げるとすれば、第一にはCSO企業が契約している複数の製薬会社のプロダクトに関っていけることではないでしょうか。一社の製品だけを扱うのではなく複数分野の製品を扱うことにより自身のステージを上げていくことが可能なところだと思います。自身の勤める製薬企業で上市される製品数が少なく、新しい薬を扱うことが出来ずにMRとしての遣り甲斐を見つけられなくなることもあります。最近では製薬会社のMRから、コントラクトMRにキャリアチェンジされる方も増えてきています。

どのような方がコントラクトMRに応募されますか?

MRの方々には転勤がつきものです。勤務地の希望が通りにくい職種です。特に家庭をお持ちになられている方は、ご家族の転居など関係してきますので、「転勤」は転職をお考えになる大きなきっかけになるのではと思います。コントラクトMRは、勤務地を選べるなどの利点が、製薬企業のMR職よりも強くあります。MRという職に魅力を感じ、異業種の営業経験を活かし(未経験)MRを希望される場合は、コントラクトMRからチャレンジして行かれる方が増えております。またコントラクトMRとして活躍し、派遣先の製薬企業にて評価を得た方がそのままその製薬企業に正社員として迎えられるケースもあります。

お問合わせはこちら

シミックキャリアの強み

シミックキャリアは、CRO大手のシミックグループの人材紹介会社です。弊社は医薬品開発等の臨床開発を通じて培われたシミックグループのノウハウと経験を最大限に活かし、「メディカルキャリアカンパニー」として人材紹介・派遣のコンサルティングサービスを提供し、人材と企業様の橋渡しをしております。弊社は、製薬メーカー、医療機器メーカーはじめヘルスケア分野の企業様との深いお付き合いの中で、顕在化した求人の掘り起こしを行い、求職者の方々に繋ぐという手法を取り、多くの方々へお仕事のご案内をさせていただいております。

MR、コントラクトMRへのご転身をお考えになられましたら、是非、ご相談ください。

お問合わせはこちら

求職者様

お仕事をお探しの方へ

新規登録
新規登録