特集:製薬企業内医師(Medical Doctor)の仕事を知る

製薬企業内医師(Medical Doctor)とは

製薬企業内医師(Medical Doctor)とは何ですか?

製薬企業内医師は医療現場、疾患、医療倫理に精通した専門家としてこの使命を果たすと共に、製薬企業において主として医薬品等の研究開発、安全性の仕事に携わっておられる医師です。

製薬企業内医師(Medical Doctor)の魅力を一言で言うと?

臨床医の仕事は、臨床においては患者様と1対1の関係であり、患者様の病気の診断、治療等の医療行為の選択など、非常に重要且つ遣り甲斐のある使命だと思います。

製薬企業という観点からは、お薬を使われる患者様はじめ多くの人々の健康に対する使命があります。一昔前と異なり、最近は「効果はあるけど、副作用もある」医薬品が多く出てきております。医師として医薬品の創薬、育薬に関わることによって、世の中の多くの人々のために貢献できる壮大な職務とも考えられないでしょうか。

当直やオンコールなどから離れ、時間的に規則正しく仕事・生活が送れることもあります。しかし、決して「楽」が出来るということではありません。時として海外との深夜の電話会議、頻繁な海外出張に加えて、今まで同じ立場であった臨床医を「お客様」として接することになるため、「それなりに大変です」とのご意見をお聞きすることがあります。

製薬企業内医師(Medical Doctor)という職業は日本ではあまり知られていませんが、欧米先進国での製薬企業内医師(Medical Doctor)の現状についてお聞かせいただけますか?

欧米では「製薬医学:Pharmaceutical Medicine」という考えが深く浸透しております。医薬品に関連する医学知識を統合し、医薬品のさらなる安全性と有効性を研究する領域です。この 「Pharmaceutical Medicine」という考えは、海外特にヨーロッパでは医学の一専門領域として確立されています。欧米では「臨床開発は医療行為である」という規制当局の考えもあり、製薬企業には当たり前のように医師が存在するのです。その数は、日本の10倍以上とも言われています。

日本国内において、製薬企業で働く医師について状況を教えてください

医薬品の開発は、薬学系の研究者によって培われてきましたが、新薬の開発や営業活動、安全性情報の分析にも医学的知見が必須となり、医師を迎えられる企業が増えてきております。

昨今、製薬企業のグローバル展開が当たり前となりつつある時代、海外のカウンターパートが医師となり、日本側も対等に協議のできる医学専門家を迎え入れるニーズが高まってまいりました。

この迎え方として、顧問契約に基づく場合もありますが、最近は社員として迎える会社が増えてきております。社員の場合、会社に常駐することになりますので、いろいろな部門の方々の相談に乗ることも重要なお仕事になります。

この数年で外資系はじめ大手製薬企業では医師の採用を積極的にお考えになるようになりました。日本において製薬企業で働く医師は200名超といわれております。

製薬企業内医師(Medical Doctor)への転職を考えている方にはどのような経歴の方が多いのでしょうか。

アカデミアからの転身、臨床医からの転身など様々です。医師が製薬業界での活躍をする場はこれからも増え続けていくものと考えております。

医師の絶対数からしてそうですが、臨床医をご経験された方が大半を占め、研究畑のみという方は少数派になります。広く言われる「研究開発(R&D)」という部門でも、試験管を振るような探索業務でのお仕事は少なく、治験を担当する臨床開発業務での活躍の場が多くなります。医薬品の安全性管理部門で活躍される場合は、臨床現場で患者様を診て来られた経験が非常に大切になります。

資格や経歴の面で優位になるものはありますか?

ご自身が専門とする領域での「専門医」や「認定医」などもあれば尚可ですが、人的なマネジメントや海外留学があることは優位になります。

繰り返しになりますが、昨今の製薬業界はグローバル規模です。国内と言ってもミーティングが英語ということもあります。英語力を備えている、更に英語での論文発表や学会発表があることを求める企業も多くあります。

また、臨床医としてなかなか経験する機会がありませんが、人のマネジメント経験は重要視されます。

女性の仕事としての製薬企業内医師(Medical Doctor)はいかがですか?

男性と女性を区別することはなく、医学専門家として平等に扱われております。また多くの女性医師が活躍されており、重要なポストに就任されています。

また、就労時間が比較的安定していることから家事や子育てには都合が良く、製薬企業はいろいろな団体から女性にとって働き易い職場と評価されております。

年齢的な制約はあるのでしょうか?

厳密なものはありませんが、最近の傾向として、製薬企業未経験者の場合は30歳代から40歳代前半の方を求めることが多いようです。今までの転職成功例では臨床経験(約5年以上)、そして研究や留学経験を求められることもありますので、30歳代前半からチャンスがでてくると思います。医師を採用している製薬企業の中には、若いうちから企業文化を学んでいただき育成し、将来的に幹部として活躍していただこうという考えもあります。また、担当される業務内容によっては、年齢を問われないエリアもあります。例えば、地域におけるキー・オピニオン・リーダーとの繋がりなどに重点がおかれる場合は40歳代後半の方が選ばれるケースもあります。製薬企業それぞれの特長によって、ケースバイケースになると思います。

転職先が決まるまでどのくらいの時間がかかるものなのですか?

いかなる職種であってもそうですが、求められる側、求める側のタイミングのマッチにより、様々だと思います。

活動を開始して直ぐにその方に見合った案件をご案内できれば、2ヶ月のうちに2〜3回の面接を行い、オファーを得られることもあります。反面、なかなか良い案件に出会えず、1年かかって転職される例もあります。

いずれの場合も企業側は、現職の円満な退職を前提とされますので、医局人事や後任探しのために余裕をもった活動の開始をお勧めいたします。特に海外留学よりお戻りになって企業で働きたいとなる場合は、早めにご相談いただければと思います。

お問合わせはこちら

シミックキャリアの強み

シミックキャリアは、CRO大手のシミックグループの人材紹介会社です。弊社は医薬品開発等の臨床開発を通じて培われたシミックグループのノウハウと経験を最大限に活かし、「メディカルキャリアカンパニー」として人材紹介・派遣のコンサルティングサービスを提供し、人材と企業様の橋渡しをしております。

弊社は、製薬メーカー、医療機器メーカーはじめヘルスケア分野の企業様との深いお付き合いの中で、顕在化した求人だけでなく潜在化した求人の掘り起こしを行い、求職者の方々に繋ぐという手法を取り、多くの方々へご紹介をさせていただいております。

製薬企業内医師に関しては多くの実績を基に、多くの製薬企業様と恒常的なお付き合いをさせていただいております。製薬企業内医師へのご転身をお考えになられましたら、是非、ご相談ください。

お問合わせはこちら

求職者様

お仕事をお探しの方へ

新規登録
新規登録